楽楽!英会話 「あなた」が英語を話すために

映画を使った英語の勉強方法など、楽しく英会話力をアップさせる方法を紹介しています。



楽楽!英会話 「あなた」が英語を話すために>> yoshi のテキスト >> 映画スピード(Speed)の英会話テキストをプレゼントします
2017-05-20

映画スピード(Speed)の英会話テキストをプレゼントします

まずは英会話ブログの人気ランキングをチェック!→英会話人気ブログランキング 英会話FC2ランキング
人気blogランキング FC2ブログランキング

 

今日は英会話の習得に使えるテキストをプレゼントします。
以下のリンクより、テキストを受け取ってください。


■今日のテキスト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
247 00:54:02 - 00:55:14 Speed (24)

テキストのダウンロードはこちらをクリック

テキストはクリックするだけで見ることができますが
右クリックで【対象をファイルに保存】で保存することをおすすめします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※注意
テキストはPDFファイルで提供しています。
PDFファイルを見るには以下のソフトが必要です。
http://get.adobe.com/jp/reader/
(無料です)

念のため、PDFファイルで見ることができるテキストと同じ内容の文章を
このブログ記事の最後に載せておきます。



テキストには学習方法も書いていますが、ごく簡単にお伝えしています。
詳しくはメール講座を受講してください。

どうすれば英語が話せるようになるのかスッキリ分かるメール講座について
詳しくは以下のページへ。



英会話メール講座 詳しくはこちら



以下、念のためにPDFテキストと同じ内容の文章を載せておきます。
テキストの方が読みやすいので、テキストを利用してください。
http://eigolink.com/text/f/247-speed-24fr.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このテキストを使っての学習方法■

・Dictation(書き取り)
まずはDictationをします。
テキスト部分の英語を何度も繰り返し聞いて、聞こえた通りの英語を書いていきます。
文章を書き取るのが難しい場合、聞こえた単語だけでも書いていきます。
単語のつづりが分からなくても気にせずに、適当に書いておけばOKです。
もうこれ以上は聞き取れない、という状態がDictation終了の目安です。

Dictationを行うと、ものすごく集中して英語を聞くことになります。
集中して英語を何度も聞くことが、この後の学習に生きてきます。


・テキストの日本語部分を一読
次に一通りテキストを読んでみてください。
英語の固まりを読み、すぐにその下の日本語で意味を確認します。
文頭から順番に、英語の語順のまま、意味をとらえてみてください。

分かりづらいと思われる部分は解説を入れています。
このように青色で文頭をずらして書かれている部分が解説です。


・音読
一通り英文の意味が頭に入ったら、英語のみのページを使って音読を繰り返してください。
音読の目安は、よどみなくスラスラと英語が言えるようになることです。
そうすることで、次のステップの「お手本を真似る」がやりやすくなります。


・お手本の英語を真似る
スラスラ英語が言えるようになった後は、お手本の英語と同じように言えるように練習します。
オーバーラッピング、シャドーイングなどを繰り返し行って、
お手本の英語のイントネーション、アクセント等、全て真似をします。
「物まね」をするくらいのつもりで練習しましょう。

ある程度練習をした後に自分の声を録音、お手本と比べるという作業をします。
これにより、自分の英語を客観的にとらえることができますので、
改善点を自分で見つけることができます。




・学習度チェック
最後にどのくらい学習ができたかのチェックをします。
学習した部分の英語を、テキストを見ないで、字幕も使わずに聞いてみてください。
言っている英語が聞き取れる、そして、その意味が分かる。
その状態であれば、そのテキストは合格です。
次のテキストに進んでも大丈夫です。




以上、ざっとではありますが、「英語の練習」の方法を説明しました。

「英語の練習方法」につきましては、私の無料メール講座で詳しく説明しています。
まだ、メール講座を受講していない場合は、今すぐ登録することをおすすめします。
このテキストを有効活用するために必要な情報をお伝えしていますので、以下よりご登録ください。

メール講座のお申し込みはこちら
http://y0shi.blog36.fc2.com/blog-entry-395.html
(私のブログ「楽楽!英会話」へのリンクです)




■このテキストを作っているyoshiについて■

テキストを手にとっていただき、ありがとうございます。
楽楽!英会話というブログを書いていますyoshiと申します。

兵庫県丹波市にて、大人の方へ英会話レッスン
また、スカイプを使っての英会話レッスンを提供しています。

映画を使って楽しみながら、自然な英語を身につける方法を指導しています。
楽しみながら英会話の学習をしていけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


yoshiにメッセージ:http://my.formman.com/form/pc/i3ZF3ZDR0NFnHL0p/

ブログ:http://y0shi.blog36.fc2.com/
twitter:https://twitter.com/yoshi_english
facebook:http://www.facebook.com/yoshi0122



247 00:54:02 - 00:55:14

※当テキストは私が発行している有料メルマガの一部分を抜き取って加筆したものです。

■今日の一文■
I've seen    this asshole.
私は見た   あのケツの穴を(あのクソ野郎を)


I've seen
現在完了を使っています。
現在完了が出てきたら、必ず、
「なぜ現在完了なのか」「過去形ではダメなのか」
と考えてみてください。
それが現在完了という文法になれるコツです。

現在完了の基本イメージは
「過去に何かが起きて、それが今に影響している」
というものです。
過去に起きたこと自体ではなく、今に影響を与えていることにポイントが置かれます。

今回の
I've seen this asshole.
という文章ですが、犯人の顔を見たのは過去の出来事ですね。
ですので過去形でよさそうなのですが、そうはなりません。

過去、犯人の顔を見たから、今、犯人の顔を知っている、ということが重要です。
今、写真を見れば、それが犯人かどうかが分かるわけです。
ということで、今にポイントが置かれるので現在完了を使っています。

現在完了、という文法は日本語にはありません。
感覚がつかめるまでは現在完了の文章が出てくるたびに
「なぜ、現在完了なのか」
「過去形ではダメなのか」
を考えるようにしてください。

そして、意味をとらえた現在完了の文章を何度も練習してください。
沢山の文章に触れることによって、自然と現在完了の文章の意味合いが分かってきます。

ぜひ、沢山の文章に触れる、という方法で文法を学んでください。
それが英会話で使える文法の身につけ方です。



Cop: We got no match for that description. No one's lost a thumb for at least the last ten years.

Robin: He could be from anywhere.

Cop: I can't access all that.

Harry: Forget the files. I want you to start going through the pension fund. This guy's drawing disability. He may not be LAPD, but he's living here now. I want pictures! I've seen this asshole.



McMahon: Hey!

Jack: Hey, Mac!

McMahon: Let's get these passengers off the bus!

Jack: We can't do it, sir!

McMahon: There's no time for any stunts, Traven. We got to get these people out of harm's way!

Jack: I got orders! We move these people, he'll see! Remember, crazy, not stupid.

McMahon: All right, look, Harry's trying to find out who this guy is. We think maybe he's a cop.

Norwood: Lieutenant! It's him. He wants to talk to Jack.

McMahon: He's on the line for you.

Jack: Okay, give him the number.

McMahon: Give him the number!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事

 

■ブログランキングに参加しています

記事を読んで面白い、ためになったという場合、以下のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。
ブログを書く励みにもなりますので、よろしくお願いします。 → ブログランキングとは?
 

 

■英会話のテキストを無料配布しています

以下のリンクより、すぐに手に入れることができます。
お知り合いに「ページが怪しい」って言われましたが、私が管理しているページですので大丈夫です^^
安心してご利用ください。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

タグ : 映画 テキスト Speed

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

特別メール講座 完成
【英会話で失敗する人 成功する人   
         ~ その紙一重の差とは?】

メール
お名前

特別メール講座、詳細はこちら
(ブログ記事で詳しく説明しています)
yoshiのオリジナルテキスト
英会話のテキストを今だけ無料でプレゼント!
英語を話すための「7つのポイント」
「どうしたら英語が話せるようになるのか」
バッチリ理解していただきます!
↓詳細は下のリンクをクリック!
yoshiオリジナルのテキスト 詳細はこちら
英語を音から学ぶ

英語を話したいのであれば
まずはこれを試してください
ここでしか見れないyoshiのぶっちゃけ感想は
以下からご覧ください
UDA式30音トレーニングの感想
(ブログ記事に飛びます)
オンライン英会話レアジョブ
スカイプでオンライン英会話レアジョブ
無料体験レッスン、使わないと大損ですよ。
スカイプオンライン英会話
レアジョブとは?

(ブログ記事に移動します)
可愛いの作りました
英会話ランキング
お気に入りに追加
管理人yoshiの顔
楽楽!英会話の管理人yoshiの顔
このブログの管理人yoshiです。
自己紹介はこちら

教材の相談や英会話だけに関わらず、何でも気軽にご連絡ください。
yoshiにメールを送る
カテゴリー
検索フォーム
yoshiのお気に入り♪
月別の記事
RSSフィード